1. ホーム
  2. 工事メニュー
  3. 屋根塗装
  4. 屋根塗装施工例と料金

新栄の屋根塗装仕様

住宅の屋根は毎日、強い紫外線を浴び、雨・風にさらされている上、住人からは見えにくい場所でもあり、メンテナンスで最優先が必要な工事が、屋根の塗装です。
屋根は雨水による浸食で内部の腐食やカビなどで、見えない部分が劣化し最終的には大規模修繕に至ります。

新栄の屋根塗装の特徴

タスペーサー挿入により確実に縁切りをし、雨漏りや腐朽を防ぎます。屋根の縁切りとは、屋根は通常屋根材合せ目に隙間があるのですが、塗装する事により重なっている部分が塗料でくっついてしまいます。屋根材同士がくっついてしまうと、侵入してきた雨水が排出されず、屋根下地の腐朽や雨漏りの原因となってしまいます。
縁切りとは、この屋根材の重なり部分で塗料のたまった部分の塗料をそぎ取る事ですが、従来の皮スキやカッター等では十分に塗料を取り除くことができず、漏水の原因になります。
弊社では、より確実な「縁切り」を行うため、タスペーサーという縁切り部材の使用を標準仕様にしております。